ondo

庄司理子個展「生まれゆく欠片たち」

庄司理子個展「生まれゆく欠片たち」

12.14(木)-12.25(月)
18・19休み/12:00-19:00 ※最終日17:00まで

作家 庄司理子による初個展。
2016年に「社会や個人に見える疲労」をコンセプトに制作した120号の作品「献花」。
本展は「献花」を12の欠片に解体しさらにその上に加筆した作品を展示いたします。
新しい姿と意味を与えることで再生・再構築された12の欠片をぜひご高覧下さい。

---

【Altシリーズ第2弾   Alt:02 | 生まれゆく欠片たち | 庄司理子】
展示に合わせてondoが発信するプロダクトラインAltから作品集を販売します。

DSC_0960001

作品集 庄司理子「生まれゆく欠片たち」
発行:ondo|A5判|仕様:24頁・中綴じ製本・帯付
価格:¥1,500+tax
※12.14(木)より展示会場、ondoオンラインストアにて販売

A5_ura


---

【OPENING EVENT】
12.16(土) 17:00-19:00 [トーク 17:00-17:30]
参加費:¥500(フリードリンク・ケータリング[アトリエ3月])
作家・美術家の原康浩さんをお招きし、作家としての思いや制作について
池田敦(ondo)が聞き手となりお話を伺います。
トーク終了後は原さんの運営するアトリエ三月よりフードをご用意。
ご予約不要ですので、ぜひお気軽にご参加ください。

-庄司理子
1995年生まれ大阪在住。2014年から活動を開始。水彩絵具、アクリルガッシュ、日本画材等、
複数の画材を使用し平面作品を制作。人の手の内に収まらない様々な現象と、それに伴う事象を描く。
http://shoujiriko.tumblr.com/ twitter:@shoji_riko instagram:@shojiriko
---------------------------------------------------

【SHOPスペースにて同時開催】

名称未設定-2

平井豊果個展「真夜中の肖像」よりドローイングミニ展示


12.14 (木) − 12.25 (月) 18・19休み 12:00–19:00※最終日17:00まで

2017.11.17-11.26までondo STAY&EXHIBITION(東京)にて開催されました平井豊果個展「真夜中の肖像」
会場展示作品のうち、一部ドローイング作品をギャラリー奥、SHOPスペースにて展示いたします。
「第15階TIS公募」にて大賞を受賞した平井豊果。

イラストでもなく絵画でもなく、具象でも抽象でもない、
色数の抑えられた曖昧でメランコリックな作品たち。
なぜ絵を描く行為を続けるのか?自問自答する中でこそ
生み出されてきた独自の世界観をぜひご高覧ください。

-平井豊果
神奈川県鎌倉市生まれ。作家・イラストレーター。
好奇心が強く自由奔放に生きたい自分と、それらを許さない糞真面目なもう一人の自分が常に対立し
如何にして生きるかを考えながら制作しています。
https://www.hiraiyutaka.com/
  • Facebook
  • Twitter
  • Line