ondo

〈東西同時開催〉岡村芳樹個展「薄暮」

〈東西同時開催〉岡村芳樹個展「薄暮」

2020.3.20 (金) − 3.29(日)

月・火 休 12:00–19:00 
※最終日17:00まで

ondo STAY&EXHIBITIONと同時開催

    

東京・大阪同時の個展開催にあたりタイトルを日の出と日の入りを意味するものに設定した。

作品の中に薄暮や春暁のタイミングのような様々なもの・光・意味が入り混じる機微のグラデーションを鑑賞者に見出していただく補助になっていただくことを願う。あらゆる色彩が交差する瞬間を表現し、東から西へ進行していく日の出と日の入りをタイトルに置くことによって、東京から作品を発信する私が関東・関西で同時に展示をする意義を表したい。

  

絵画のタイトルは詩情が鑑賞の助けになるよう意図して付けている。ことばは絵を何も担保し得ないが、ことばによって画面の処理が円滑になったり粗害されることはままある。絵画の個々の認知の結論に、自分の言葉や詩情がなんらかの抵抗を与えられたら幸いだ。

  

印象派以降の絵画芸術のあり方を追求するにあたり端的かつ簡潔な動作のストロークのみで絵画を構成する必要性を制作の上で感じている。絵画は、工業製品に使われるための重金属顔料を絵画に使用されるようになったことで鮮烈に、しかし濁り易くなっていった。自分の絵画は本来混ざり合うと濁りになる相反する二色を重なり合い妙であるように、甘美であるように構成することによって成立している。

  

 


画家・岡村芳樹の展示を、東京・大阪の2会場にて同時開催いたします。

日の出・日の入りを意味する「薄暮」と「春暁」というテーマを各々に掲げる本展。

端的で簡潔な表現が生み出す、独自の美しい世界観。 距離や場所を超え、生まれる意義や想像力。

各会場での作品はもちろん、その先の可能性を示す一つの機会となれば幸いです。 ぜひご高覧ください。

  

岡村 芳樹 Yoshiki Okamura
1996年生まれ。

2017年京都造形芸術大学中退

2019年武蔵野美術大学卒業

東京、京都、兵庫、プラハ、北海道を転々としながら生活。

URL_https://sashimimoyashi.booth.pm twitter_@sashimimoyashi instagram_@sashimimoyashi  

      

    

 ------------------------------------------

参考作品のコピー

logo_s

ondo tosabori,osaka
〒550-0001 大阪市西区土佐堀1-4-3 西田ビル3F
TEL:06-6441-3603 FAX:06-6441-3604

地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」3番出口より徒歩約5分

京阪中之島線「渡辺橋駅」1番出口より徒歩約5分

 

  

作家在廊日やイベント告知等についてはSNSにて随時発信します。

fti

image_02

map_web-osaka

-

【media】 2014.5.27 | MEBIC扇町が発行する「コラボ事例集2014」並びにwebサイトに掲載されました。

【media】 2014.10.10 | アート・デザインのバイリンガルガイド「KANSAI ART BEAT」に掲載されました。

【media】 2018.4.11 | CREATIVE WEB PLACE「SNAZZβ」に代表池田敦のインタビューを掲載いただきました。

-

  • Facebook
  • Twitter
  • Line