online store/オンラインストア

news/ニュース

2017.07.19

【gallery】7月19日(水)〜7月29日(土)藤川さきドローイング展「蟷螂の斧」がはじまりました。

【gallery】7月19日(水)〜7月29日(土)藤川さきドローイング展「蟷螂の斧」がはじまりました。

藤川さきドローイング展「蟷螂の斧 」

7.19(水)〜7.29(土) 12:00〜19:00 月火休み
※最終日17:00まで

関東在住の画家・藤川さきの関西初展示を開催いたします。
東京を拠点に国内外で作品を発表し、次世代を担う存在としてメディアへ取り上げられる注目の画家です。
彼女自身、“宣言”と位置付ける本展。“少女”を描きながらもその枠に決して収まらない表現。
大胆な構図や要素が絡み合い生み出される独自の世界観。この機会にぜひご覧ください。
※会期前半は、作家本人も在廊いたします。(詳細はSNSにてご確認ください)

-OPENING PARTY
7/21(金)19:00〜 参加費500円(フリードリンク&ケータリング)
どなた様でもご参加いただけます。ぜひご自由にお越しください。

-
生きてるだけでこんなにも知らない人からジャッジされて、
わかった気になられる度に心が死なないように 今日もわたしは絵を描いている。
全てを見せることの何が悪くて、無整頓の何が悪くて、 正解を決めているのは誰なのか。
生まれる疑問のパーツは集めると1つの大ボスに繋がる気がするのに、 それがなんなのかはまだ言えない。
疑問のトーナメントは頭の中で日々繰り広げられ、殺し合いながら答えを求めている。
変わることに意味があってほしい。芸術はあなたを壊し私も壊し共に生まれ続けられるものであると
芸術の可能性を信じている限り、作ることをやめてはいけない。
現在進行形の問いかけと、手作りの宣言のかけら達。
-

-藤川さき
1990年東京生まれ。2013年、多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業。身の回りの環境から生まれた興味や疑問をもとに、作品制作を行なう。国内の展覧会や海外アートフェア等で作品を発表する他、イラストレーターとしても活動中。http://enuchi.web.fc2.com/

2017.07.06

【gallery】7月5日(水)〜7月15日(土)ミヤザキ個展「またたき」がはじまっています。

【gallery】7月5日(水)〜7月15日(土)ミヤザキ個展「またたき」がはじまっています。

ミヤザキ個展「またたき」
7.5(水)〜7.15(土) 12:00~19:00
※最終日17:00まで

先々月、ondo STAY&EXHIBITIONにて東京初個展「まばたき」を開催したミヤザキ。
今回は東京展示の作品に新作を追加し、「またたき」と題して大阪個展を開催いたします。
昔の写真をアイデアソースに子どもの頃にかえったような気持ちと、作家としての現在の視点を付加。
シンプルなかたちと曲線を用いた表現をベースに、シーンを切り取り、色面を構成した
作家独自の世界を表現いたします。ぜひご高覧ください。

————————
WORK SHOP「思い出ドローイング」
7.8(土)/7.14(金) 各日12:00〜19:00

お持ちいただいた思い出の写真をミヤザキがドローイングで描き出します。
(写真はデータでも受付可能です)
¥2,000+tax(オリジナルフレーム付)/予約制/所要時間:約30分

ご希望の方はhttp://ondo-info.net/contactより受付いたします。
お名前、連絡先に加えて以下の内容をお送りくださいませ。
追ってご返信させていただきます。

・ご希望の日時 7.8(土)/7.14(金) 12:00より30分単位でのご予約となります
・希望枚数(1枚につき30分かかります)
※先着順となりますので、ご希望に添えない場合はご了承ください
————————

-ミヤザキ
絵描き。島根県出身大阪市在住。2013年専門学校を卒業。展覧会やアートフェアへの出展
を中心に作家活動を行う。シンプルなかたちと曲線を用いた表現にこだわりを持つ。2015
年からはイラストレーションにも挑戦し、活動の場を広げている。
https://miyazaki3.tumblr.com/

2017.06.27

【gallery】6月21日(水)〜7月1日(土)「tete illustration class group exhibition」がはじまっています。

【gallery】6月21日(水)〜7月1日(土)「tete illustration class group exhibition」がはじまっています。

tete illustration class group exhibition
愛菜/あきやまりか/いとうさとこ/小笠原まりえ/くらくま/こなつ5CC
高田昌耶/寺田順三/トーチユ/ヌクマル/ぼらん社/やまなまな

6.21(水)〜7.1(土) 日・月休み
12:00~19:00 ※最終日は17:00まで

tete illustration class は昨年開講した寺田順三のイラストレーション教室です。
絵を描いて仕事をしていきたい人達が集まり、これから絵を仕事にしていくには、
どのように描き、見せていけば良いのかを考えて、日々制作しています。
この度、ondoにて展覧会を開催し、ジンや原画、グッズなどを展示、販売いたします。
ぜひご高覧ください。


寺田順三イラストレーション教室 tete illustration class
https://www.facebook.com/Teteillustration-237248309985417/

2017.06.27

【gallery】6月27日(火)〜7月9日(日)「ワクワクする力のしくみ展」がはじまりました。

【gallery】6月27日(火)〜7月9日(日)「ワクワクする力のしくみ展」がはじまりました。

ワクワクする力のしくみ展
CORSICA SOLO WORKS
6.27(火)〜7.9(日)
※最終日18:00まで

こんにちは
この度は、コルシカとしての初の個展をondo kagurazakaで
やらせて頂くこととなりました。展覧会のタイトルは「ワクワクする力のしくみ展」です。
皆さんワクワクしていますか?
日々の生活の中でワクワクを見つけるのは、結構難しいですよね。
年齢を重ねると尚更です。少年時分は磨り硝子を流れる水滴の行方にも
ワクワクしていたのに。
そんなわけで、一昨年から「ワクワクしているか(させているか)」を
かなり意識して仕事をしています。
今回の個展もそんな流れを汲んだものとなってます。
ワクワクしながら観てもらえたとしたら大変嬉しいです。
是非お越しになって下さい。

だれでも一度は開いたことのあるであろう学習まんがのように、
世の中の不思議や社会の疑問、ちょっとした差異を
イラストで教えてくれるコルシカさんの作品。
その魅力のひとつは、彼がどんな不思議や疑問に気づいて、
それをどうやって捉えているかを楽しめるところです。
「重力」もコルシカさんの頭を通せば大きなドーナツが落ちてくる。
物を捉える視点と、それを伝える絵の力がいっしょになって、
私たちを子どものようにワクワクさせてくれます。

-コルシカ(CORSICA)
1983年、東京都中野区生まれ。
幼少期から中野ブロードウェイにある「まんだらけ」で漫画ばかり読んで育つ。
2010年よりフリーランスのイラストレーター、漫画家として活動開始。作家活動と共に壁画、アニメーションなども制作。
趣味 古本収集(主に学習まんが、こども大百科、戦前まんが)
主な仕事
学習まんが「アフォーダンス」
学習まんが「記号とアブダクション」(大林寛氏との共著)
「まんがセキュリティ入門」(Google Japan)
「お家にかえろう」(blue studio))
「ぼくらのアトム展へ行った話」(手塚プロダクション)
「今日トレ」(Tarzanメールマガジン)
HP http://corsicadayo.tumblr.com/

2017.06.13

【gallery】6月7日(水)〜6月17日(土)巻田はるか個展「月日」がはじまりました。

【gallery】6月7日(水)〜6月17日(土)巻田はるか個展「月日」がはじまりました。

巻田はるか個展「月日」

2017.6.7(水)〜6.17(土) 日・月休み
12:00~19:00 ※最終日は17:00まで

過ぎていく時間、時間のつみかさなり、変わっていくことや
変わらないことに着目して制作をおこなってきた巻田はるか。
今回は、過去の時代から現代に至るまで、時の流れを感じる作品を
「月日」というテーマで展示いたします。
浮世絵等の日本古来の要素と現代の新しさが融合した独自の世界観をぜひご高覧ください。

-
【トークイベント開催】
巻田はるかさんへ制作についてなど、気兼ねなくいろいろなお話をお聞きできればと思います。
-
6.16(金) 18:00〜
定員15名 参加費500円(ワンドリンク付)
ご参加の方はこちらまでご連絡ください http://ondo-info.net/contact
-


-巻田はるか
イラストレーター、画家。1988年生まれ。京都出身大阪在住。
京都精華大学イラストレーションコース卒業。
浮世絵など昔の日本の絵の要素を取り入れつつ、現代の新しさも感じられる作品を制作している。
http://makitaharuka.tumblr.com/

2017.05.18

【gallery】5月11日(木)〜6月3日(土)三尾あすか・あづち 二人展 「Don’t Think Feel」がはじまりました。

【gallery】5月11日(木)〜6月3日(土)三尾あすか・あづち 二人展 「Don’t Think Feel」がはじまりました。

三尾あすか・あづち 二人展
Don’t Think Feel

2017.5.11(木)-6.3(土) 日・月曜休み
12:00~19:00 ※最終日は17:00まで

本展では「Don’t Think Feel」をテーマに、
これまで二人で一つの作品を描いてきた三尾あすか・三尾あづちが、
それぞれに描いた作品を中心とした展示です。
お互い一人で制作し、自分自身に向き合った後、再び二人で描いた合作ドローイング作品も展示いたします。
新たな岐路を迎える二人の、これからの可能性を感じさせる世界を展開いたします。

- 三尾あすか
1985 岐阜に生まれる
2005 大阪芸大短期大学部 デザイン美術学科 絵画コース卒
2008 京都造形芸術大学 美術工芸学科 洋画コース卒 主な個展
2010 「letter」neutron tokyo(東京)
2010 「staring」 deem Five mansion gallery(神戸)

-三尾 あづち
1985 岐阜県に生まれる
2005 京都嵯峨芸術短期大学イラストレーション科卒 主な出展
2007 Tokyo illustration 2007(東京国立新美術館/東京) 銅賞、山口はるみ氏から特別審査員賞
2009 「Complex world」(neutron tokyo/東京) 2010 「MY WORLD VIEW」(neutron tokyo/東京)

2017.04.18

【gallery】4月18日(火)〜4月30日(日)「前田文化 2014-2016 アーカイブ展」がはじまりました。

【gallery】4月18日(火)〜4月30日(日)「前田文化 2014-2016 アーカイブ展」がはじまりました。

前田文化 2014-2016 アーカイブ展
4.18(火)~4.30(日)
※最終日18:00まで


昨年暮れに、大阪のメディアで取り上げられた「前田文化」が神楽坂にやってきます。
彼らが活動を始めた2014年から今日までの、3年間の記録を一覧します。

建築ユニット前田文化は、自分たちの活動をアートだと思っていないみたいで、しかしその強い衝動の創造は、僕らからするとアートそのもの。「仕事」でもなく「アート」と言い切ることもできない、ただただ「活動」というその行為をアーカイブして、展示としました。

建物を、作っては壊す、壊しては作るという行為を繰り返す彼らが、神楽坂にどのような展示をするのか、とても楽しみです。たぶん、想像もつかないような立体作品を作るのではないかな。

彼らの建築から派生したプロダクツ、前田文化と劇団子供鉅人のDVD「文化住宅解体公演」とかもめブックスで編集した小冊子『前田文化 2014~2016』も展示と販売をします。

前田文化の熱いエネルギーを見にきてくださいね。


-前田文化(まえだぶんか)
文化住宅を利用した様々な活用方法の提案と実践を行う。

http://maedabunka.com/

・文化住宅とは
1950~60年代、関西では「文化住宅」と呼ばれる集合住宅が数多く建てられた。各部屋に専用の台所と便所を完備した集合住宅は画期的で、「文化的である(=豊かである)」という意味で文化住宅と呼ばれた。
50年が経った現在、当時「文化的」だった文化住宅は老朽化が進み、業者の手によって解体され、何の面白みも無い姿に変えられるか、空き部屋だらけの状態で放置されている。

2017.04.04

【gallery】4月4日(火)〜4月16日(日)「組み立てる とは なにか」がはじまりました。

【gallery】4月4日(火)〜4月16日(日)「組み立てる とは なにか」がはじまりました。

組み立てる とは なにか
モデルフィニッシャー北澤志朗さんの模型から
4.4(火)~4.16(日)※最終日は18:00まで


モデルフィニッシャーとは、プラモデルを組み立て、完成させる人。プロのフィニッシャーとして活躍中の北澤志朗さんは、20年以上のキャリアで、今日まで1000台を越えるカープラモデルを製作してきました。
その作品に多くの人が惹かれ、また模範となっているのは、高度なテクニックだけが理由ではありません。車に対する深い敬意、愛情、そして手を使って「組み立てる」ことへの喜びが、作品を通して私達に伝わるからです。

北澤さんの製作したプラモデルを、kumudesignディレクター・岩瀬 慶が撮影しました。
特設されたブースの中、模型に落ちる光を柔らかく濾しながら、一台一台、緻密な構図で向き合いました。
模型に込められた心象を丁寧に切り取った写真は、静かに私達に問いかけてきます。

組み立てる とは なにか。

本展示会では、その写真と、北澤さんの製作したカーモデルを展示いたします。
また一部写真の販売も予定しております。


何を作るにも、作る人がいて、その世界に住む人たちが持つ技巧があります。
決して沢山の人に伝わりやすいものではないそれらの魅力を、
kumudesignさんはデザインというフィルターを通すことで、
私たちの視界を広げてくれます。
揺るぎのない北澤さんの技術と作品、それを魅せるkumudesign・岩瀬さんのデザイン。
小気味の良い空間をお楽しみください。


【模型制作】北澤志朗(きたざわ しろう)
1961年神奈川県生まれ。模型店店主を経て、1995年よりモデルフィニッシャー・ライターとして活躍。
著書に「自動車模型の楽しみ方」、「自動車模型 フルスクラッチ編」「自動車模型製作テクニック集」(共に新紀元社)他。
DVDに「模型道場ライトx2 カーモデルの作り方」(インストーリー)。
雑誌「モデルアート」「モデル・カーズ」にて連載中。模型作例多数。

【撮影】岩瀬 慶(いわせ けい)
1978年生まれ。
kumudesignディレクター。本企画のデザインディレクション及び撮影を担当。

twitter: @kumudesign

2017.03.30

【gallery】3月30日(木)〜4月15日(土)谷川千佳個展「瞬き」がはじまりました。

【gallery】3月30日(木)〜4月15日(土)谷川千佳個展「瞬き」がはじまりました。

谷川千佳個展「瞬き」

2017.3.30(木)-4.15(土) 日・月曜定休
12:00~19:00 ※最終日は17:00まで

2017年関西初個展。
絵画作品とアニメーションを意識したコマ割り作品が組み合わされた新しい試みの展示です。
新たなステージへ歩む彼女、ぜひご高覧くださいませ。

https://galleryondo.wixsite.com/c-tanikawa-mabataki


Opening Party
3.31(金) 19:00~ 参加費:500円(フリードリンク&フード)
ケータリング:ciccino
どなたでもご参加いただけますのでぜひお越しください。


谷川千佳
1986年富山県生まれ。2010年神戸大学発達科学部を卒業後、デザイン系専門学校勤務を経て、フリーランスのアーティスト/イラストレーターとして活動を開始。人物(少女)画を通して、自身の記憶などをコラージュ的に再構成し、夢と現実の間の、儚く曖昧な世界を巧みな表現力で描いている。大阪を中心に国内外で作品を発表するほか、2014年、三津田信三「どこの家にも怖いものはいる」(中央公論新社)の装画、画集「ゆめにさまよう」(ondoレーベル)を発売するなど、活動の場を広げている。http://www.chikatanikawa.com

2017.02.21

【event】3月1日(水)〜3月7日(火)西宮阪急にて「iroai marche」開催します。

【event】3月1日(水)〜3月7日(火)西宮阪急にて「iroai marche」開催します。

iroai marche -装いとであい-
produced by ondo

「アートなであいが、個性を彩る」

iroai marche(イロアイマルシェ)は、ギャラリー&プロダクトondoがプロデュースする作家参加型のアートイベントです。
作家と直接お話をしたり。目の前でつくる課程を見たり、
知ることや感じることができるブースが登場します。

今回のテーマは「装いとであい」。
ファッションアイテムになった作品たちが、
あなたの個性をますます鮮やかに彩ります。

場所:西宮阪急2Fトップステージ
日時:3.1(水)~3.7(火) 10:00~20:00
https://www.hankyu-dept.co.jp/nishinomiya/

参加作家
池田圭(some:teco)/太田翼(egaon!naaare)/サカタナホコ(ななついろ洋品店)/
谷田有似/HELLOAYACHAN/林利美(Light)/渡部真由美/ondo

※期間中出店作家はブースに在席しておりますが、都合により不在の場合もございます。
予めご了承ください。


※SNSで随時情報発信中
 facebook・twitter・instagram / アカウント: @iroaimarche

2017.02.15

【gallery】2月14日(火)〜2月27日(月)group exhibition 「ひなまつり*展 2017」がはじまりました。

【gallery】2月14日(火)〜2月27日(月)group exhibition 「ひなまつり*展 2017」がはじまりました。

group exhibition ひなまつり*展 2017
大槻香奈/北浦朋恵/じん吉/はまぐちさくらこ/巻田はるか/吉田有花

2017.2.14(火)-2.27(月) 日曜定休
12:00~19:00 ※最終日は17:00まで

一年に一度訪れる、女子の健やかな成長を祈る「ひなまつり」。
日本独自の女の子のためのお祭りを、 もっと素敵に、
そして新しい楽しみ方を創造していきたいという思いから、この企画がはじまりました。

ハロウィンやクリスマスで盛り上がるのもいいけれど、
ひなまつりにもきっと現代的な楽しみ方があるはず。
現代の女性若手作家による様々な、ちょっと新しい、二〇一七年の「ひなまつり」をお届けいたします。


-大槻香奈
1984年生まれ。京都府出身、東京在住の美術作家。主にアクリル絵具を使用した平面作品を中心に、自身の興味の対象である「から」(空、殻)、空虚さを感じるモチーフを通して、現代日本の形を捉えようとしている。また書籍の装幀やCDジャケットを描き下ろすなど、イラストレーターとしても活動している。
http://ohtsuki.rillfu.com/

-北浦朋恵
絵描き、イラストレーター。1984年埼玉県生まれ。2007年武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科卒業。作品制作、書籍への挿絵などを中心に活動。自身が親しんできたこと、悲しんできたことを基に、アクリルや色鉛筆を用いて、やわらかでも直立した心が感じられるような人物や動物を描いている。
http://tomoe-kitaura.com/

-じん吉
1996年生まれ。愛知県出身、京都在住。嵯峨美術短期大学部コミックアート分野在学中。主にアクリル絵具を使用し、日常生活にある心落ち着く風景を、独特の色使いで描いている。
http://ajara-jin.tumblr.com/

-はまぐちさくらこ
1981年京都生まれ。2001年嵯峨美術短期大学混合表現コース卒業。GEISAI金賞。2010年国立国際美術館での『絵画の庭ーゼロ年代日本の地平からー』や、2013年東京都現代美術館「オバケとパンツとお星さま」に作品出品。絵本みづゑ賞大賞。絵本「ぱぱごはん」ビリケン出版より刊行。「ぱんつちゃん」岩崎書店より刊行。国内海外にて個展、ライブペインティグ、ワークショップなど多岐に渡り活動中。
http://www.sakurako-home.com/

-巻田はるか
イラストレーター、画家。1988年生まれ。京都出身大阪在住。京都精華大学イラストレーションコース卒業。浮世絵など昔の日本の絵の要素を取り入れつつ、現代の新しさも感じられる作品を制作している。
http://makitaharuka.tumblr.com/

-吉田有花
1996年生まれ、京都府出身。嵯峨美術大学短期大学部コミックアート分野在学中。自身の考えている夢と現実が融合した世界観を舞台に、その世界の情景やキャラクターそのものを、主にマゼンタの色調で描いている。
http://natoyuka.tumblr.com/

2017.02.07

【gallery】2月7日(火)〜2月19日(日)「100 friends ふしぎなともだち AtelieR odeco solo exhibition」がはじまりました。

【gallery】2月7日(火)〜2月19日(日)「100 friends ふしぎなともだち AtelieR odeco solo exhibition」がはじまりました。

100 friends ふしぎなともだち
AtelieR odeco solo exhibition

2017.2.7.(火)~ 2.19(日)※最終日18:00まで

二人組のクリエイティブユニットAtelieR odecoが生み出す、ハンドメイドのぬいぐるみ展

不思議な姿形をした住人達が暮らす謎の島ライスボールアイランド
そこへ一人の博士が迷い込んでしまいました。
博士は見たこともない彼らの姿形に驚き、謎を解こうとせっせと研究を始めました。
しかし、彼らの暮らしは見た目と同じくでたらめで、さっぱり訳がわかりません。
博士は彼らについて研究するのを諦めて 彼らと友達になろうと決めたのです。

毎朝必ず目玉焼きを食べる「目玉焼きの刺繍」
天空から神様の綱につながれた「いちばんいい犬」
決まってお昼時に雨を降らせる「あまごいさん」
ひざに爆弾を抱えている「沈黙の臓器」
ポップな色と柄で作られる彼女達の世界は、深く潜れば潜るほどシュール。
ただのぬいぐるみでは終わらない、その世界観も一緒に味わってみてください。


-AtelieR odeco (アトリエオデコ)
anz(あんず)とkkc(こけし)のクリエイティブユニット
“誰かの宝物をつくりたい”をコンセプトに
ぬいぐるみ、アクセサリーなど、ストーリーのつまった作品を制作
一方でイラストレーター、グラフィックデザイナーとしても活動中
odecoのアクセントは最初のoにお願いします

http://ondo-info.net/gallerys_tokyo

2017.01.24

【gallery】1月24日(火)〜2月5日(日)『松田奈緒子原画展』がはじまりました。

【gallery】1月24日(火)〜2月5日(日)『松田奈緒子原画展』がはじまりました。

松田奈緒子原画展
〜レタスバーガープリーズ.OK,OK!発売記念〜
2017.1.24(火)~ 2.5(日)
※最終日18:00まで

『重版出来!』の松田奈緒子先生による幻の名作
『レタスバーガープリーズ.OK,OK!』が完全版にて復活!
戦国と江戸を愛する綾&稲造のファンタスティック恋愛絵巻。
2017年1月21日、上・中・下巻の3冊同時刊行です。
本書の発売を記念して、初の原画展開催が決定しました。
綾と稲造の名(迷?)シーンの数々、貴重な直筆原画を多数展示します。
さらに、1月24日と1月29日の2日間、松田先生がかもめブックスの1日店員に!
当店にて『レタスバーガープリーズ.OK,OK!』をお買い上げの方には
その場でサインもしていただけます。
ぜひこの機会にご来場ください。お待ちしてます。


【松田奈緒子先生 かもめブックス1日店員】
●1月24日(火)15:00~21:00
●1月29日(日)13:00~19:00
※サインは当店にてご購入の『レタスバーガープリーズ.OK,OK!』に限ります。
※上記以外の日に本書をご購入の方には、購入時に整理券をお渡ししますので、当日ご持参下さい。
※色紙や他書籍へのサインはご遠慮ください。

【数量限定! 特典付き3冊セット ご予約受付中】
クリアファイルと小冊子が付いた初回限定の3冊セットも同時発売。
ファン必見の応募者抽選プレゼントも!
■ご予約申込方法はこちら(http://kamomebooks.jp/gallery/1545.html)をご覧ください。
※ご予約はお1人1セットとさせていただきます。
※原画展会期中に店頭にてお受け取り可能な方のみとさせていただきます。
※サイン整理券はご購入時にお渡しいたします。
※単刊のご予約は承っておりませんので、ご了承下さい。

『レタスバーガープリーズ.OK,OK!』
完全版 上・中・下
松田奈緒子 著
本体価格 各1,650円(税抜)
河出書房新社 刊


-松田奈緒子(まつだなおこ)
漫画家。1996年「コーラス」(集英社)にてデビュー。
『えへん、龍之介。』『少女漫画』『花吐き乙女』など独特の感性が光る作品を多数発表。
2016年春にドラマ化された『重版出来!』で一躍人気作家に。
2016年、デビュー20周年を迎えた。

2017.01.17

【gallery】1月17日(火)〜1月22日(日)『印刷加工連 EXHIBITION』がはじまりました。

【gallery】1月17日(火)〜1月22日(日)『印刷加工連 EXHIBITION』がはじまりました。

『印刷加工連 EXHIBITION』
2017.1.17(火)~ 1.22(日)
※最終日18:00まで

私たちが様々な商品を手にするとき、その後ろ側をどれだけ知る事ができるでしょうか。
当店でも長く好評をいただいている印刷加工連のプロダクトたち。
その制作の背景にいるのは、世の中の様々な印刷物やプロダクトに関わり、
卓越した技術をおしみなく差し出す、職人の様な人々です。
試作に1年をかけてリニューアルした『ななめリングノート』『ななめリングメモ』をひっさげて、
彼らが神楽坂にやってきます。
ななめリングシリーズのリニューアルに向けて作られた映像や設計図の展示と供に、
そのプロダクトの後ろ側を覗かせてもらいましょう。


加工が難しい斜めのリング製本を、一冊ずつ丁寧に加工することで実現。
従来の「無地」(黒)に、加え「ドット方眼」(グレー)、「罫線」(緑)がラインナップに加わりました。
ななめのリング設計でめくりやすく、右利き、左利き、どちらでも書きやすい仕様です。
なめらかな書き心地にこだわった本文用紙も、ぜひ触ってみてください。

-印刷加工連 (INKAREN)
2012年春、それぞれ特徴の異なる6社で結成された印刷加工連。その得意とする分野は、製本・穴あけ・折り・綴じ・型抜き・箔押し・空押し・浮き出し・紙象嵌・シール印刷・活版印刷と、多岐にわたる。使う人のイマジネーションのもととなるものづくりを念頭に、シンプルで使い勝手のよい紙文具を生み出している。
http://www.inkaren.com/

2017.01.06

新年のご挨拶申し上げます

あけましておめでとうございます。

皆様には健やかに新春を迎えられたこととお慶び申し上げます。
また、日頃から温かいご支援ご協力を賜り心からお礼申し上げます。
本年も素敵なアーティストをご紹介できるよう努めてまいります。
 
2017年もondoをどうぞよろしくお願い申し上げます。

                       ondoスタッフ一同

calendar/ギャラリーカレンダーclose