online store/オンラインストア

gallery/ギャラリー

過去の展覧会

大槻香奈実験室Ⅱ かみ解体ドローイング 東京編|大槻香奈|2015 4/29【wed】〜5/10【sat】

少女モチーフを通し、現代を表現している美術作家・大槻香奈。

近年、イラストレーターとしても活躍の場を広げています。

 

本展は『大槻香奈実験室その2「かみ解体ドローイング」』と題し、

過去作品~新作までを合わせた、初のドローイング作品のみの展示となります。

 

ここ最近、ペインティング作品に対する姿勢や熱量と変わりなくなってきたというドローイング作品。

彼女自身がそこに感じている可能性を体感していただけたらと思います。

 

この機会に是非ご高覧ください。

 

Kana Ohtsuki is an artist who expresses modern world through motif of girls.  She has also been gaining a career as an illustrator over these few years.

This is her first drawing exhibition entitled “Kana Ohtsuki Laboratory II ‘KAMI deconstruction drawing’” which shows only drawings from her whole career.  She says that the stance and energy towards drawings is getting closer to that for paintings.  Come along to feel the possibility she is feeling from that.

 

———

 

今回は私の様々な表現の試みの場として、

通常の個展とは区別した形で「大槻香奈実験室」と題した

個展番外編のようなものを開催いたします。

 

日々制作をしていく中で、コンセプトのハッキリした個展とはまた違う、

作品の表現の可能性について自由に試す場が欲しいと常々考えており、

自分の今までの表現を見直す意味もあり、

2014年よりこのような企画をスタートさせる事にしました。

 

第二回目となる今回はドローイング作品の実験です。

ドローイングは毎年描き続けていますが、今一度それらの作品の本質を見直し、

様々な表現の可能性を試してみたいと考えています。

 

—大槻香奈

 

As a place to experiment on various expressions, I’m going to have a kind of ‘extra’ of solo exhibition entitled “Kana Ohtsuki Laboratory”, distinguishing it from solo exhibitions that I usually have.

In creating artworks, I have always wanted to have a place where I can freely try what artworks can express, and also as I thought it would be a chance for reviewing my expressions, I started this project in 2014.

This is the second time that I have the “laboratory”, where you can see an experiment on drawings.

Although drawing itself is what I’ve kept doing for many years, I’m taking this opportunity to see the nature of those works again and try various possibilities of expression.”

-Kana Ohtsuki

 

-大槻香奈

1984年生まれ、京都在住の美術作家。

2007年より活動をスタート。

少女モチーフを通して主にアクリル画で現代を表現している。

内外問わず様々な展覧会に参加し、国内では年に約一度個展を行っている。

またイラストレーターとしても活躍の場を広げ、

書籍の装幀画、CDアルバムジャケットを手がけている。

http://ohtsuki.rillfu.com/

 

—-

初日の4月29日(水・祝)は、作家が在廊いたします。

—-

calendar/ギャラリーカレンダーclose